【12/14(木) 人権まとめ集会・大縄大会】

 人権週間のまとめとして、「人権まとめ集会」を行いました。各学年が、人権学習の取組や授業で学んだことを発表し、感想を交流しました。みんな、発表者の方を向いて静かに聞くことができました。これも、「お互いを大切にしあう」大切な態度です。

   
 
 まとめ集会に引き続き、大縄大会を行いました。なかよし班ごとに目標回数を決め、休み時間を使って一生懸命に練習してきました。怖くて縄に近づくこともできなかった1年生が、上級生に優しく教えられ、上手に跳べるようになってきました。全校での目標回数は1150回、みんなのかけ声とともに跳ぶ回数も増え、全校で1217回も跳ぶことができました。

   


【12/12(火) 与保呂っ子集会】

 人権週間の児童会の取組であった「いいとこツリー」の発表がありました。子どもたちがお互いに友だちの「いいとこ」を見つけ合い、くつしたや星の形をした紙に書いてツリーに貼っていきます。いいとこいっぱいのにぎやかなツリーになりました。

 


【12/3(日) 市民綱引き大会】

 市民綱引き大会に、与保呂小学校から女子2チームが参加しました。惜しくも予選で敗退しましたが、学校での練習の成果を発揮し、心を合わせて精一杯頑張ってきました。

  


【12/1(金) 学校公開(人権学習)】

 12月の学校公開日には、人権週間の取組の一つとして各学級で人権学習を公開しました。「自分や友達の良さを見つける」「思いやりのある言葉について考える」「自分も友達も大切にする言い方を考える」「違いを認め合うことの大切さに気付く」等、各学級のめあてに沿って授業を行い、保護者の皆様に参観していただきました。

 【1年:ぼくの「すてき!」】       【2年:ドッジボール】      【3年:あなたならどうする?どう思う?】
   

 【4年:わたしメッセージ】        【5年:こんな時どう言う?】      【6年:権利の熱気球】
   

  【こぶし学級:森のしきしゃ】

  


Copyright(C) 舞鶴市立与保呂小学校. All right reserved.